先天的な歯のトラブルにも適用されるインプラント治療

バナー

先天的な歯のトラブルにも適用されるインプラント治療

  

インプラント治療が適用され欠損歯の治療が行われる症例は、重度の虫歯や交通事故で歯を失ってしまった歯を治療するケースだけではありません。この人工歯根を用いた治療は、生まれつき永久歯がない状態にも適用出来る手法で、本来永久歯が生えてくるべき場所に歯が生えてこない場合にも、理想的な治療とされます。


これは乳歯から永久歯に生え変わる際に、何らかの理由により永久歯が生えてこない状態で、この永久歯を補う為にインプラントを埋め入れる治療が施される症例が多く見られます。

この場合も天然歯と同様の見た目を再現できる事に加え、機能性も天然歯と同等の使い易さを実現できる為に、先天的な要因が影響する際のトラブルでも、インプラントが適用される事が多くなるのが特徴です。
また、インプラントが適用されるケースとしては、入れ歯からの変更もあります。
これまで入れ歯を使用していた患者様が食事の際の噛みあわせのトラブルや、会話に伴う発音の違和感などが理由で、人工歯根を埋め込む手術を希望されるケースも多くなってきているのが現状です。

wikipediaついて詳しく説明しているサイトです。

人工歯根を埋め込み、安定性に優れた噛みあわせを実現させる事で、硬いものでも食べられるようになり、発音も良くなります。

渋谷のインプラントの専門サイトのこちらです。

特に、入れ歯を用いた治療では、力強いかみ合わせは再現する事が不可能で、硬い食感のものを上手く咀嚼する事が非常に困難な作業とされます。

そのため、インプラントの強固な人工歯根のもつ噛みあわせの特性に惹かれる事も多くなり、入れ歯からの変更を希望される方が増加しているのです。